NFTの豆知識

【超オススメ】OpenSeaに独自コントラクトでmintする方法

この記事では、

独自コントラクトの知識は一旦置いといて、誰でも簡単に、

OpenSeaに独自コントラクトでmintする方法を解説します!

独自コントラクトについて詳しく知りたい方は、

こちらの方の解説を参考にしてみてください。

この記事の筆者は、

背景としては、

2022年1月27日にOpenSea上でのNFTの生成に制限を付けました。

OpenSeaの制限

NFTの生成が、1つのアカウントにつき、

・5つのコレクションまで

・1つのコレクションで最大50点まで

・250点しか生成できない

(2022年1月28日に解消されたそうですwww)

独自コントラクトの知識は一旦置いといて、

とりあえず、超簡単にOpenSeaに独自コントラクトでmintする方法を解説します!

イメージ的には、OpenSeaでNFTをmintするような感覚で、

別なサイトから独自コントラクトでNFTをmintできるって感じです。

プログラミングなどの専門知識がなくても、

これまでOpenSeaでNFTを販売されてた方なら、誰でもできると思います!



NFTをはじめるには、無料の仮想通貨取引所コインチェックに登録

<<<コインチェック公式サイトはこちら>>>




では本題です。

OpenSeaに独自コントラクトでmintする方法

超優良サイト、Chocofactoyを使う

独自コントラクトでNFTをmintするサイト、

『Chocofactory』

こちらを使ってください!

英語なんでしょって思ったあなた、ご安心ください!

なんと日本語解説付きです!

Chocofactoryの日本語解説

使い方は、僕が説明するまでもなくとても丁寧に解説されています!

これまで、OpenSeaでNFTを出品されてる方なら、

誰で15分程度でもできると思います!

その中で僕が気になった点だけを補足解説します!

注意ポイント

ちなみに多少ガス代がかかります。

(僕が使ったときは、日本円で1円程度)

MATICのpolygonをウォレットに用意しておきましょう!

OpenSeaのコレクション名の場所

のNameは、コレクションの名前になります。

のsymbolは、このコレクションのトークンの単位(polygonとか)

よくわかんない人は気にせずに、コレクションの頭文字とかでいいと思います。

BostonterrierArtだったら、BTAみたいな感じです。

僕がとりあえず作ったコレクションのリンクを貼っておきます。

https://opensea.io/collection/kenkura

赤丸のContract Addressをクリックしてみると、

TokenTrackerに独自コントラクト名(コレクションの名前)があるはずです。

OpenSeaに反映されるのにタイムラグがある

これは、NFTの生成には直接関係ないのですが、

mint直後は画像が反映されずに、がちゃがちゃいろいろ触ったりしてたけど、

結局は、時間が解決してくれたので、

焦らずに待っていればそのうち反映されます!

まとめ

独自コントラクトの知識がなくても、

独自コントラクトでNFTを生成するには、

独自コントラクトでNFTをmintするサイト、

『Chocofactory』を使いましょう

Chocofactoryの日本語解説もあるので安心です!

僕がこの記事で言いたいのは、

コレクションの名前だけ注意しましょうねってことくらいです!

それくらい、

日本語解説が充実しています!!!

ぜひ使ってみてください!

『Chocofactory』

Chocofactoryの日本語解説

オススメ記事

-NFTの豆知識